MENU

野球肘について

野球を行うときに起きやすい怪我の一つが野球肘です。
その治療を行う際、病院や整形外科などの医療機関で野球肘の治療を行うと思いますが、あまり改善がみられない場合は接骨院での施術をおすすめします。

野球肘とは

野球肘は投球動作によって生じる肘関節痛のことで、正しいフォームが身についていない子や、身体が成長しきっていない小中学生に多い怪我です。
主に内側を傷める野球肘と外側を傷める野球肘に分かれています。
内側は靭帯が部分断裂を起こして、緩んだ状態になっています。
外側は骨が軟骨と共に剥がれ、離断性骨軟骨炎を引き起こしてしまい、後遺症が残ることも多いです。

野球肘の原因

野球肘は何度も投球動作を行うピッチャーに多く、連投による疲労の蓄積が一番の原因です。
その他にも、投球フォームが悪かったり、傷めても多少無理をしてでも試合に出続けたり、試合や練習後に行うクールダウンのストレッチやアイシングを怠るなど、野球肘になる原因は沢山あります。

野球肘の対策

大切なことは早期発見、投げすぎず無理をしないでしっかりと休養を取ること、常日頃からクールダウンとストレッチをしっかりと行って身体のケアをすることです。
他にも投球数の規定を設け、それにしたがって練習や試合を行うなど色々な対策があります。

ですが、野球肘の対策が一番できるのは、野球をプレイしている子供達ではなく、それを支えている周りの大人たちなのです。
指導者が目先の試合で勝利することしか考えず、何球も投げさせて何試合も連投させてしまうと野球肘になってしまいます。
子供の異変に気付かずにいると野球肘は進行してしまいます。

指導者は、野球肘という怪我を理解して、チームに所属する子供達が野球肘にならないような指導を心掛けること、両親は、子供と向き合って話し合い、怪我はしていないか、無理はしていないかなどしっかりと子供を見守ることが大切です。
野球肘という怪我を周りにいる大人たちが理解することこそ、野球肘に対する一番の対策なのです。

それでも野球肘になってしまったら早急なケアが必要です。
野球肘の状態は様々で、その状態にあったスポーツ治療を整形外科などで行います。
ですが、病院ではなかなか症状が改善されない場合には、当院をご利用ください。
当院では野球肘はもちろん、スポーツ障害以外にも、骨折や肉離れ、脱臼といった怪我の施術にも対応しております。
新潟でスポーツ治療でお悩みの方は、お気軽に当院をご利用ください。

©2017接骨院きゅら