MENU

ぎっくり腰が再発してしまう原因と傾向

ぎっくり腰は急性腰痛や椎間捻挫とも呼ばれています。
腰椎が瞬間的にずれてしまうことで、腰の筋肉が負荷に耐えきれずに炎症を引き起こしてしまいます。

接骨院
でもご相談の多いぎっくり腰の再発原因と傾向についてまとめてみました。

ぎっくり腰が再発してしまう原因

ぎっくり腰が再発してしまう原因の1つが、同じ部位に負担をかけ続けてしまうことです。
例えば、決まった生活パターンによって同じ部位への負担が続き、ぎっくり腰につながってしまいます。
さらに、腰に負担をかけないように気をつかってしまうと、腰をかばってしまい痛みが続くことがあります。
不自然な姿勢や他の部位に負担をかけてしまうことで、結果的にぎっくり腰を引き起こしてしまうのです。

また、精神的なストレスによって再発してしまうことも考えられます。
人の身体には、痛みの信号を抑制する下行性疼痛抑制系のシステムがあります。
このシステムの働きは、日常生活で引き起こされる疲労性の痛みが発生した時に痛みを和らげることです。
ところが長期間ストレスが続いてしまえば、このシステムが正常に働かなくなり、ぎっくり腰再発の原因となってしまうのです。

何度も再発する方の傾向

ぎっくり腰を何度も再発してしまう方には、ある傾向が見られます。
まず、仕事の関係で腰に負担がかかってしまう方です。
例えば、荷物を持ち運ぶ機会が多い職種の方(運送業や建築土木、引っ越しサポート業など)、デスクワークなどで長時間同じ姿勢が続く方、外出することが少なく運動不足になりがちな方、食生活で栄養が偏ってしまっている方などが挙げられます。

また、ぎっくり腰が再発しやすい動作もあるので注意しなくてはいけません。
体勢を変えようとした時や、少し離れた所の物を取ろうとした時の急激な動きです。
こういった何気ない動作からでも、ぎっくり腰は再発しやすくなってしまいます。
再発を繰り返すぎっくり腰は医師の診断を受けて回復を待つのではなく、適切な施術が必要です。

新潟市でぎっくり腰の診断を受け、痛みに合わせた施術をお探しの方は新潟市にある当院へご相談ください。
当院は接骨院として、ひとりひとりに合わせて施術致します。
首・肩・膝の痛み、アキレス腱痛、交通事故治療に関するご相談にも対応致します。
新潟市で病院での交通事故治療に不安を感じていらっしゃる方、接骨院で身体の不安を相談してみたい方は、ぜひ当院へ起こしください。

©2017接骨院きゅら