MENU

年代ごとに違う腰痛の原因

接骨院をご利用するお客様に多い悩みが腰痛です。
腰痛はご高齢の方特有の症状というイメージが強いですが、20代の方やお子様の中にも腰痛に悩まされている方は意外に多いです。
腰痛を引き起こす原因は、世代によって様々です。

ここでは世代ごとに違う腰痛の原因についてご説明します。

こどもが引き起こす腰痛の原因

活発なこどもが腰痛を引き起こす原因は主に「筋肉疲労」「疲労骨折」「背骨の異常」に分けられます。
こどもの疲労回復速度は大人に比べると早く、多少筋肉を傷めてもすぐに回復することがほとんどです。
しかし、野球やサッカーなどのスポーツを日常的に行っていると、腰に負担がかかりすぎるため腰痛を訴えることがあります。
その際の原因が上の3つに分けられます。
筋肉疲労もそうですが、疲労骨折や背骨の異常は、早めに接骨院などで施術を行うことをおすすめします。

20代~40代が引き起こす腰痛の原因

働き盛りの世代である20代~40代が腰痛を引き起こす原因は、主に労働疲労による血行障害です。
体を動かす仕事はもちろんですが、デスクワークなど長時間同じ体勢でいる作業も腰痛になりやすい環境下にあります。
この労働によるストレスが腰痛の原因にもなります。
他にも、運動不足により、腰湯右辺の筋肉が衰えるのも原因です。
20代ではまだ痛みを感じない方も多いかと思いますが、30代、40代になると筋肉の衰えから痛みに悩まされることも多くなります。
接骨院に通いつつも運動不足を解消するなど、自分でできる腰痛対策を早めにとることが大事です。

50代以降が引き起こす腰痛の原因

50代以降の腰痛は、足腰の筋肉の低下長年の生活習慣による腰の歪み骨粗鬆症が原因になることが多いです。
他にも、ご高齢の方に多い症状で坐骨神経痛があります。
これは坐骨神経の圧迫による神経痛で、ぎっくり腰が坐骨神経痛を誘発するケースがあります。
ぎっくり腰で腰を痛めた後に、お尻付近の痛みが生じる場合もあります。
接骨院でしっかりと施術を行うことが、腰痛やぎっくり腰の対策になります。

一口に腰痛と言ってもその原因は年代ごとに様々です。
当院では、ひとりひとりに合った腰痛やぎっくり腰の施術を行っています。
他にも、医療機関で行った交通事故治療だけでは不安だという方の施術や、首痛や膝痛のケアも行っています。
新潟県で接骨院、整体院をお探しの方は、ぜひ当院をご利用ください。

©2017接骨院きゅら